【株式会社徳洋福祉会】は、豊中市で障がいのある児童の放課後等デイサービス・障がい者(児)の居宅介護・移動支援・相談支援を行っております。服部天神駅から徒歩3分、障がいに関するお悩み等なんでもお聞かせください。

採用情報 お問い合わせ
お知らせ
アンジュニュースレター2月号ダイジェスト版
おまたせしましたニュースレター2月号。
今月開催した新たな試み、防災カフェのレポートを掲載!参加された方からは「すごく勉強になった!」と嬉しい感想をたくさんいただいております。
もちろん毎年恒例の初釜や凧揚げなどの様子も!子ども達の生き生きした表情をご覧ください。
おまたせいたしました!
2月24日(土)3月10日(土)の両日
Angeのプレ体験会が今年も開催決定!
放課後等デイサービスに加え、新たにスタートする児童発達支援も同時開催。
毎年ご好評をいただいているAngeのプレ体験会が今年も開催決定!
放課後等デイサービスはもちろん、この春スタートの児童発達支援も同時開催いたします。
どこよりも療育に力を注いでいるAngeならではのプログラムがギュッとつまった2日間。ぜひお気軽にご参加ください

申し込み・お問い合わせ先
  電話(06)6151-2996
  Mail kori@tokuyo.me
       
事業所向け 放課後等デイサービス自己評価表を掲載いたしました②
アンジュ庄内
事業所向け 放課後等デイサービス自己評価表を掲載いたしました


事業所向け評価表に対する考察 ※考察対象…「どちらともいえない」・「いいえ」・「無記入」のどれかが5以上のチェック。
番号=評価表のチェック項目番号

②職員の配置数は適切であるか
(はい…7、どちらともいえない…5、いいえ…1)
 国の規定する人数が配置されている事は理解しているが、帳票記入・好きな活動の時間・突発的な出来事などに対して人手が欲しいと感じている職員が多かった。中でも帳票記入と好きな活動の時間が重なった時は、帳票を記入するため子どもと関わる職員が減ったうえ、一人ひとりにあった活動を提供したいという職員の気持ちとで、より人手が足りないと感じているという意見が多かった。また、突発的な出来事として嘔吐等で職員が二人対応する時なども、人手不足を感じている職員が多い。  日々の帳票記入は最小限の職員で分担し、子どもに関わる職員を確保する。その日のうちに帳票を書けなかった子どもの保護者へはこれまで通り、必ず書けなかった旨を連絡し、その日の様子をできるだけ口頭で伝える。突発的な出来事の際は子どもが安全に活動できることを第一に置き、できない時は予定を変更するなどして対処するようにする。

⑯支援終了後には、職員間で必ず打ち合わせをし、その日の支援の振り返りを行ない、気付いた点等を共有しているか
(はい…8、どちらともいえない…5)
 支援終了後は送迎の添乗に乗って行く職員もいるため、その日の職員が全員残っている事がない。また送迎後は添乗指導員が帰ってきても勤務時間を終えて退勤した職員がおり、支援終了後・送迎後共に職員全員での当日の振り返りは困難。  この対応として支援終了後にその日気付いたことを「Ange・送迎時特記事項」として文書で残し、いつでも職員全員に引き継ぎ確認できるようにしている。加えて、曜日によってほぼ職員のメンバーが固定されており、次の週の同じ曜日には文書を活用しつつ前の週の振り返りもしている。加えて月1回のミーティングでも、振り返りを行ない全職員で共有するよう徹底している。

㉒医療的ケアが必要な子どもを受け入れる場合は、子どもの主治医等と連絡体制を整えているか
(はい…5、どちらともいえない…2、いいえ…1、無記入…5)
 現在、医療的ケアを必要とする利用者がいない。今後対象児が利用する場合は検討する。

㉖放課後児童クラブや児童館との交流や、障がいの無い子どもと活動する機会があるか
(はい…0、どちらともいえない…7、いいえ…5、無記入…1)
 これまで地域の子どもとの交流は無かったが、2018年の10月に少年文化館とも連携しイベントを開催する予定。その際に地域の健常児と交流を持てるように計画している。

㉗地域自立支援協議会へ積極的に参加しているか
(はい…3、どちらともいえない…4、いいえ…0、無記入…6)
 豊中市の自立支援協議会で子ども部会が機能しておらず参加できない。

㉙保護者の対応力の向上を図る観点から、保護者に対してペアレント・トレーニング等の支援を行っているか
(はい…2、どちらともいえない…5、いいえ…3、無記入…3)
 仕事をしている保護者も多く、定期的な保護者会は設けていないが「触法」「支援手帳」「虐待」などテーマを決めて年に3~4回保護者が参加できる研修を行っている。また、年に2回「デイキャンプ」や「運動会」など子どもと保護者が一緒に参加できるイベントを開催して保護者同士の交流や職員との交流の機会としている。
 日々の取り組みとしては、保護者から質問があれば子どもに合った対応の方法など専門的な見地から伝え、その都度様子を聞くなど継続的に支援をしている。

㊶どのような場合にやを得ず身体拘束を行なうかについて、組織的に決定し、子どもや保護者に事前に十分に説明し了解を得たうえで、放課後等デイサービス計画に記載しているか
(はい…6、どちらともいえない…2、いいえ…0、無記入…5)
 契約書に「身体拘束の禁止」を掲載しているほか、権利擁護者や虐待についての研修を年1回行なっている。

㊷食物アレルギーのある子どもについて、医師の指示書に基づく対応がされているか
(はい…3どちらともいえない…2いいえ…0無記入…8)
 現在までに、食物アレルギーを持つ子どもが事業所に在籍していない。  
事業所向け 放課後等デイサービス自己評価表を掲載いたしました①
アンジュ
事業所向け 放課後等デイサービス自己評価表を掲載いたしました

事業所向け評価表に対する考察
※考察対象…「どちらともいえない」・「いいえ」・「無記入」のどれかが5以上のチェック。
番号=評価表のチェック項目番号

②職員の配置数は適切であるか
(はい…4、どちらともいえない…7、いいえ…1)
 国の規定する人数が配置されている事は理解しているが、帳票記入・好きな活動の時間・突発的な出来事などに対して人手が欲しいと感じている職員が多かった。中でも帳票記入と好きな活動の時間が重なった時は、帳票を記入するため子どもと関わる職員が減ったうえ、一人ひとりにあった活動を提供したいという職員の気持ちとで、より人手が足りないと感じているという意見が多かった。また、突発的な出来事として嘔吐等で職員が二人対応する時なども、人手不足を感じている職員が多い。  日々の帳票記入は最小限の職員で分担し、子どもに関わる職員を確保する。その日のうちに帳票を書けなかった子どもの保護者へはこれまで通り、必ず書けなかった旨を連絡し、その日の様子をできるだけ口頭で伝える。突発的な出来事の際は子どもが安全に活動できることを第一に置き、できない時は予定を変更するなどして対処するようにする。

⑦第三者による外部評価を行ない、評価結果を業務改善につなげているか
(はい…3、どちらともいえない…1、いいえ…2、無記入…6)
 大阪府に確認したところ、大きな社会福祉法人などは外部評価を行なっているが、放課後等デイだけをしている小さな事業所などは、この評価表を持って業務改善につなげているとみなしてよいという事でした。

⑩子どもの適応行動の状況をはかるために、標準化されたアセスメントツールを使用しているか
(はい…7、無記入…5)
 標準化されたアセスメントツールではないが、「基本的生活習慣」「運動」「認知」「言語」「社会性・情緒」「その他」に分けて、発達段階的に表れる行動などを『新版K式発達検査』を基準として、当事業所独自でまとめたものを使用している。

⑯支援終了後には、職員間で必ず打ち合わせをし、その日の支援の振り返りを行ない、気付いた点等を共有しているか
(はい…6、どちらともいえない…6)
 支援終了後は送迎の添乗に乗って行く職員もいるため、その日の職員が全員残っている事がない。また送迎後は添乗指導員が帰ってきても勤務時間を終えて退勤した職員がおり、支援終了後・送迎後共に職員全員での当日の振り返りは困難。  この対応として支援終了後にその日気付いたことを「Ange・送迎時特記事項」として文書で残し、いつでも職員全員に引き継ぎ確認できるようにしている。加えて、曜日によってほぼ職員のメンバーが固定されており、次の週の同じ曜日には文書を活用しつつ前の週の振り返りもしている。加えて月1回のミーティングでも、振り返りを行ない全職員で共有するよう徹底している。

㉒医療的ケアが必要な子どもを受け入れる場合は、子どもの主治医等と連絡体制を整えているか
(はい…4、どちらともいえない…2、いいえ…0、無記入…6)
 現在、医療的ケアを必要とする利用者がいない。今後対象児が利用する場合は検討する。

㉓就学前に利用していた保育所や幼稚園、認定こども園、児童発達支援事業所等との間で情報共有と相互理解に努めているか 
(はい…4、どちらともいえない…5、いいえ…0、無記入…3)
 個人情報保護の観点から、保護者が希望した場合のみ、保護者が双方に申し入れ実施をしている。


㉖放課後児童クラブや児童館との交流や、障がいの無い子どもと活動する機会があるか
(はい…0、どちらともいえない…6、いいえ…6、無記入…0)
 これまで地域の子どもとの交流は無かったが、2018年の10月に少年文化館とも連携しイベントを開催する予定。その際に地域の健常児と交流を持てるように計画している。

㉗地域自立支援協議会へ積極的に参加しているか
(はい…5、どちらともいえない…0、いいえ…2、無記入…5)
 豊中市の自立支援協議会で子ども部会が機能しておらず参加できない。

㊶どのような場合にやを得ず身体拘束を行なうかについて、組織的に決定し、子どもや保護者に事前に十分に説明し了解を得たうえで、放課後等デイサービス計画に記載しているか
(はい…3、どちらともいえない…2、いいえ…1、無記入…6)
 契約書に「身体拘束の禁止」を掲載しているほか、権利擁護者や虐待についての研修を年1回行なっている。

㊷食物アレルギーのある子どもについて、医師の指示書に基づく対応がされているか
(はい…2 どちらともいえない…2いいえ…0無記入…8)
 現在までに、食物アレルギーを持つ子どもが事業所に在籍していない。  
アンジュニュースレター1月号ダイジェスト版
本年もアンジュニュースレターは情報満載
子ども達の様子からアンジュの取り組みまで皆様に分かりやすくお伝えしていきたいと思っております。
1月号はアンジュのお正月の取り組みをご紹介。
恒例のたこ作りも、はや5回目!5回目ともなると子ども達の様子もいろいろ変化があるようで・・・・。
(気になる詳細は右画像をクリック!)
インフルエンザによる利用停止期間について
インフルエンザが流行しています。
「熱が下がったらアンジュは利用できますか?」
「学級閉鎖の場合はどうしたらよいですか?」
[家族がインフルエンザに感染した場合はどうすればよいですか?」
など、多くお問い合わせをいただいております。
インフルエンザにより、利用いただけなくなる期間を記載しておりますのでご覧下さい。
アンジュニュースレター12月ダイジェスト版②
ニュースレター12月号。
こちらでは年末年始の予定を掲載しております。
1月13日の研修は残席僅か!ご希望の方はお急ぎください。
1月27日の「初釜」、本年度はどなたでもお申し込みいただけますので皆様のご参加お待ちしております。
アンジュニュースレター12月ダイジェスト版
早いもので本年最後のニュースレターとなりました。
今号ではクリスマス製作の様子や、アンジュとしても初の試みとなる、エントランスさんとのスタッフ交換留学のレポートもあります。
また冒頭のコーナーではスタッフが今年のプライベートNo1ニュースを激白!?
イボに虫歯に交通事故!?波乱万丈の2017年をしめくくります。
アンジュニュースレター11月ダイジェスト版①
おまたせしましたニュースレター11月号!
秋のイベント満載の11月号は150%の大ボリューム。
消防署見学に親子イベント、おまけにハロウィンと見所満載、
子ども達の笑顔満載でお届けいたします。
アンジュニュースレター11月ダイジェスト版②
おまたせしましたニュースレター11月号!
秋のイベント満載の11月号は150%の大ボリューム。
消防署見学に親子イベント、おまけにハロウィンと見所満載、
子ども達の笑顔満載でお届けいたします。
アンジュニュースレター10月合併号ダイジェスト版
おまたせしましたニュースレター10月号!
今月号は食欲の秋を満喫「アンジュにパン屋さんがやってきた」
芸術の秋も満喫「秋の茶道inアンジュ」
と秋の深まりを感じさせる内容。
また10月にスタートした児童発達支援事業の詳細も掲載しています。
アンジュニュースレター9月合併号ダイジェスト版
お待たせしました2ヶ月ぶりのニュースレター!
今号は秋の2大イベント開催のお知らせ。
10月はおなじみの親子イベント、ひとやまパーク!
秋の自然を満喫しながら、のんびりゆっくり過ごしてみませんか。
保護者の方同士もゆっくりとお話いただけます。
11月は注目の新イベント「防災カフェ」
災害のニュースが増えてきた昨今、ますます注目が高まる「防災」
いざ災害に見舞われた時に備え私達に出来ることをを一緒に考えませんか?
当日なんと最新の防災食をみんなで作って食べちゃいます!

皆さんお誘いあわせの上、ご参加お待ちしております。
放課後等デイサービス評価表を掲載いたしました
先日はアンケートへのご協力ありがとうございました。Ange、Ange庄内の事業所ごとに集計が完了いたしましたので、ご報告いたします。なお「どちらでもない」との回答が比較的多かった設問については下記に追記いたしております。

☆設問⑥について
・今までも年末の地域への大掃除や地域のイベントへの参加、近隣の商店街への買い物等を通して地域との交流活動は行っておりますが、学童クラブとの交流等はできておりません。アンジュのイベントへの参加を呼びかけも検討しておりますが、開催場所までのアクセスやスペースの問題があり実現には至っておりません。 今後、他事行所の事例なども参考にして検討してまいります。

☆設問⑩について
 アンジュが開所した当初は保護者会を隔月開催しておりました。その中でベルマーク活動などにも取り組んでおりましたが、近年、就業している保護者様の増加等、定期的に開催するのが難しい現状があります。 ・ベルマーク活動についてはスタッフが引き続き行っております。その時に参加可能な保護者様にお声掛けするなど、検討してまいります。 ・年に数回の研修や、毎年秋に開催しているデイキャンプなど、保護者の方も参加いただけ、保護者同士や保護者と指導員が関わりを持てるような場所も提供しております。是非そのような機会にご参加いただけたらと考えております。
アンジュニュースレター7・8月合併号ダイジェスト版
おまたせしました暑さもふっとぶ最新号!
中学生、高校生の男子といえばグ~ンと身長が伸びる成長期…同時におひげもグーンと伸びて気になり始めるお年頃です。
そこでアンジュでは男の子を対象に「みだしなみ講習」を開催。
肌に優しいスティックシェーバーを片手に髭剃りを初体験!
はてさてどんな様子だったのか?
また七夕の取り組みや久しぶりのスタッフインタビューなど見所満載のニュースレター7・8月号をお楽しみください。
警報発表時におけるAngeのご利用について
 お住まいの地域に警報などが発令された場合のAnge利用についてを 掲載いたしました。
 ご確認のうえ、不明な点などがあればお問い合わせください。
アンジュニュースレター6月号ダイジェスト版
今月号も見所満載!
子どもたちによる夏祭り実行委員会が早くも始動!いったいどんな様子なのか覗いてみましょう!
またアンジュの活動より「数字のマッチング」をご紹介!数を理解するってどういうこと??これを読めばよ~く分かる。
面白くて勉強にもなるニューレター6月号をお楽しみ下さい。
第3回みんなで行こうサマーキャンプ募集開始のお知らせ
おまたせしました!昨年・一昨年と大好評をいただいた「みんなで行こうサマーキャンプ」!
今年も8月19日(土)20日(日)の一泊二日の日程で開催が決定いたしました。
バーベキューにキャンプファイアー、そうめん流しにアマゴつかみ…等々、大自然の中でしか体験出来ない楽しみがいっぱい!
この夏は仲間や支援員ととびっきりの思い出を作ってみませんか?
 参加ご希望の方は右記の募集要項をごらんいただき、お申し込み下さい「。
7月11日(火)、あの池添先生が豊中にやって来る!
研修「子どもの育ちを支えるための大人の役割を考える」の開催が決定!
参加者募集中です。
徳洋福祉会では保護者や支援者の方々と有益な情報を共有し、子ども達の未来によりよい環境を作っていくために様々な研修を開催しております。
今回は池添先生をお招きしての研修を開催。長年、保護者からの様々な相談に応じ、親の視点からアドバイスをしてこられた池添先生。そのお話から子どもの成長の「なぜ、どうして?」を発達の観点でひも解いてみませんか。  また同じ支援者の立場からのお話では、息の抜き方や、ほっと肩の力が抜けるようなヒントも、もらえるかもしれません。
アンジュニュースレター5月号ダイジェスト版
装いも新たにスタートを切った土曜日プログラム。
ハイキングに書道、子ども達の様子はどうだったのでしょうか?
情報満載のニュースレター5月号をチェック!
~Lifa~ Live in 豊中 開催のお知らせ
アンジュのひろせんせいの所属するLifa!
このたび豊中市でのライブが決定です。
今回はドラムにスペシャルゲストを迎えてのコラボレーションコーナーも!
新緑の季節、Lifaの音楽で素敵な1日を過ごしてみませんか??
研修会のお知らせ。
すみすみの会で主催されている研修会のお知らせを掲載しました
ボランティアスタッフ募集中!障がいを持った子どもたちとハイキング。ここでしか見れない景色があります!
アンジュでは4月22日(土)~開催予定の「ハイキングプログラム」にて、お手伝いいただけるボランティアスタッフを募集しています。 場所は池田市の五月山。子ども好きの方、自然大好きの方、保育資格取得目指してお勉強中の学生さん等々、皆さん大歓迎!障がいを持った子ども達と一緒に自然と触れ合ってみませんか??
 詳細・お申し込みはこちらのページでチェック↓
http://www.kvnet.jp/search/item.html?id=16530
4月21日(金)5月19日(金)の両日、
「支援手帳活用術」研修の開催が決定!参加者募集中です。
4月21日(金)・5月19日(金)の両日「支援手帳活用術」研修の開催が決定!
支援手帳の配布が、平成28年12月から豊中市でも始まりました。しかし有意義に活用するには記入する人も利用する人も抑えておくべきポイントがたくさんあります。我が子が、利用者さんが、生涯切れ目のない適切な支援が受けられるように、一緒に活用法を学びませんか?今後、必ず役に立つこと間違いなしです!!
「City Life」2月号掲載のお知らせ
おまたせしました!先日お知らせした「City Life 2月号」が発行されました。豊中・吹田・箕面・池田の各家庭のポストインや、駅、スーパーなどのタウンスポットに順次配布・設置されていきますので是非お手元にとってごらんください。
実際にサービスをご利用いただいている方からの「生の声」をお届けします
 利用者様の感想⑤(Angeご利用の高校1年生の保護者の方より)

 本格的に通い始めかれこれ4年…毎回のエピソードが『成長の兆し』を物語ってくれる。ほんのわずかな『成長の兆し』も 見逃すことなくタイムリーにそっと切り込み、彼の反応をじっと見守る…。成長のペースに寄り添い、アプローチを仕掛けてジックリコトコト…スタンバイ。念願叶う暁には絶賛!モチベーションUP!!実にドヤ顔~☆自画自賛~☆『自己肯定感』成就~☆まさに『成長の兆し』が『成長の証し』へと…。  そんな親身になって『共に育てていただける』Angeスタッフの皆さんの愛ある心意気に心より感謝☆Many Many Thanks!
実際にサービスをご利用いただいている方からの「生の声」をお届けします
 利用者様の感想④(Angeご利用の小学4年生の保護者の方より)

 アンジュには1年生からお世話になり、4年が経ちました。数々の楽しいプログラムに参加することで、良い経験をたくさんさせていただいています。日々のプログラムはもちろんボーリングに茶道…それに法人主催のサマーキャンプ、アンジュでの活動の中で沢山の成長がありました。  子どもの気持ちを理解し、温かく見守ってくださる先生方のおかげと感謝の気持ちでいっぱいです。何よりアンジュの日を心待ちにしている我が子の様子が全てを物語っていると感じています。
実際にサービスをご利用いただいている方からの「生の声」をお届けします
 利用者様の感想③(Angeご利用の小学5年生の保護者の方より)

 「おはよ!アンジュ行く?」起きて第一声はたいていこのセリフ。娘はアンジュが楽しみで仕方ないのです。いつも「お帰り~」と温かく迎えて下さるアンジュは、まさに第二のお家。頑張りも笑いも失敗も「ちゃんとあなたのことを見てるよ」というスタッフの方々につつまれて、娘も色々とチャレンジできるようになってきました。親としても、皆さんと一緒に育ててもらっている、そんな信頼とありがたみを感じています。今後もアンジュ一筋です(笑)
実際にサービスをご利用いただいている方からの「生の声」をお届けします
 利用者様の感想②(Angeご利用の小学2年生の保護者の方より)

 小学2年生の知的障がい・ADHD傾向のある女の子の母です。
放課後等デイサービスを何軒も見学した上で、自由遊びがメインの預かりではなく、
Angeさんのリズム運動を体験して即決しました。
体幹が弱く、手先も不器用な我が子には是非取り入れたいと思ったからです。
 通い始めて半年ですが、歌をたくさん覚えて帰ってきます。
クッキングに取り組んだことを家でおままごとで再現してくれます。
好きなことをからめて学習面にも取り組んでくれて、安心して通わせています。
新コーナースタート!利用者様よりいただいた感想をご紹介!
実際にサービスをご利用いただいている方からの「生の声」をお届けします
 利用者様の感想①(Angeご利用の小学3年生の保護者の方より)

アンジュのイベントで、さと山のデイキャンプに参加しました。
アンジュのスタッフの皆さんは明るく子どもに接するだけではありません。
自分の思いが通らずに気持ちをぶつける子どもに対しても、
臨機応変に粘り強く対応されており、子ども達に
『少しでも楽しい体験をさせてあげたい』という気持ちが
伝わってきました。
日ごろからそういう対応をされているからこそ、
子ども達もアンジュの方々を信頼し、
また「行きたい!」と思うのではないかと感じました。
WEBサイトを開設しました
 この度、株式会社徳洋福祉会のWEBサイトを開設しました。
 私たちは、大阪府豊中市で放課後等デイサービスや居宅介護・移動支援・相談支援などを行っております。
 「社会とのコミュニケーションがとれ、社会参加ができ、生きていく力を持ってほしい」という想いで、この会社を立ち上げました。

 【みんなちがう、それがいい、一緒にすすもう10年後の笑顔のために】が弊社の理念となっております。この理念を忘れず、そして実現するための投資は惜しまずに積極的に実現していきたいと思っております。

 服部駅から徒歩3分と非常に通いやすい立地でもあります。

 子どものことや、障がいのことでご質問やご相談、またはご意見やご要望などがあれば、お気軽にお聞かせください。ご連絡のほどお待ちしております。
豊中市にある障がいのある児童の放課後等デイサービス・障がい者(児)の居宅介護・移動支援・相談支援を行っている【株式会社徳洋福祉会】へのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。【TEL: 06-6151-2998(営業時間は10:00~19:00となっております。)】